企業に必要な新卒採用について

###Site Name###

企業が人材を採用する際、様々な方法があります。

同じ業界で働いていた中途採用をする場合もありますし、将来性のある若者の発掘も兼ねた新卒採用もあります。どちらが会社にとっていいかは会社の事情によって異なります。

他社の役員クラスの方とつながりをもてるのもベンチャーならでは。

DYMでもそうした場面がたくさんあります。例えば希望退職者を募り、ある年齢以降の社員の多くが退職する見込みとなった場合は、とりあえず目先の業務に大きな穴が開かないように中途採用者の採用によって業務が滞らないことに人事担当はつとめなければなりません。こういった時期には新卒採用者を入社させて時間をかけて教育する余裕がないので、新卒採用をしても逆に会社の負担が大きくなることにもなりかねません。


また、採用された側も仕事をきちんと教えてもらえない不満から、すぐに退社を決意してしまうといった可能性もあります。こうなってしまうと雇った会社側、雇われた側の双方が不幸になってしまいます。

従って新卒採用をする場合、雇い入れる会社側も十分な教育の体制を作っておくことが必要になります。

DYMでは、委員会制度も活発で会社を各委員会の活動内容に基づき社員一丸となって活動しています。



また、採用された側も仕事をきちんと教えてもらえない不満から、すぐに退社を決意してしまうといった可能性もあります。

こうなってしまうと雇った会社側、雇われた側の双方が不幸になってしまいます。
従って新卒採用をする場合、雇い入れる会社側も十分な教育の体制を作っておくことが必要になります。


彼らは中途採用者のように社会に出て働いた経験がありません。
従って業務を教育する以前に、社会人としてのマナーや最低限の知識なども教育しなければならないのです。



このように基礎から教育するということで新卒採用の際はコストや時間がかかるものです。
しかしこの中に将来の幹部候補生が含まれていることもあります。


彼らが順調に成長することによってゆくゆくは会社を背負って立つこともありますので、入り口での教育は重要です。