中絶手術の費用

TOP > 中絶手術の費用

望まない妊娠をした場合は、出産したくても健康上問題があるとき、経済的な問題で子供を育てられないときは、母体保護の観点から法律で中絶することが認められています。


中絶手術を受けることができるのは妊娠22週未満までで、妊娠11週目程度までであれば妊娠初期して初期中絶手術を受けることができます。

妊娠12週目を過ぎてしまうと、妊娠中期として扱われるので手術方法もことなります。



妊娠初期の場合は、比較的費用が掛からない手術ですし、母体にも負担がかからない手術ですので、手術を受けたその日に帰宅することができます。

初期妊娠の時に手術をすると、費用は約7万円から15万円かかるとされています。



クリニックによって手術費用は異なりますが、手術費用は健康保険が適用されないので、全額自己負担になります。
ただ診察費は健康保険が適用されます。

一方、妊娠中期になると中絶手術は出産のときと同じような手順になりますし、母体にも負担がかかるので数日間の入院が必要になります。



このときも健康保険が適用されませんから全て自己負担になるので、大体20万円から30万円ほどかかるとされてます。

個室で入院することになると、さらに部屋代が高く設定されていることもありますから、余裕をもって50万円ほど用意しておくことが必要です。また、妊娠中期で中絶手術を受けたときは、胎児の死亡届を提出して、火葬許可証を取得するなどの手続きも必要になってきます。